新越谷・南越谷徒歩1分のヨガ・ピラティススタジオ

整体と同じ効果を引き出す!産後に最適、骨盤調整ダイエット。子連れクラス

050-3555-0206

電話対応:平日 9:00~21:00 土日 8:30~15:00

コースのご案内

汗ではデトックスされない?

汗をかくことは身体の中の毒素がデトックスされるというイメージがありますよね。しかし本当にそうなのでしょうか?

身体に必要な栄養を無駄にしている

汗には種類があるのをご存知ですか?

サウナや岩盤浴、ホットヨガなど高温の中で無理やり出した汗と、運動をしたときに出た健康的な汗とは違います。

高温の室内で急激に発汗したとき、人の身体は汗と一緒にナトリウムやカルシウム、カリウムなど必要なミネラルも失ってしまいます

もともとサウナは、厳しい寒さが続く北欧で、身体を芯から温めたり、労働の疲れを癒ずだめに生まれたと言われています。副交感神経が活性化されるので、リラックスでき、血流が良くなったり良く眠れるようになったりします。

ですので、日本にように汗をかくためにサウナに入るというのは、本来の使い方ではないのです。

体脂肪も燃えない?

さらに、このような高温の室内でかいた汗は、ただ水分が蒸発しているだけで、体脂肪は燃えていません。もし体重が減り減量に成功したように見えたとしても、それは水分を補えばすぐに元に戻ります。

身体に溜まった有害物質をデトックスできたような気がしますが、残念ながら汗からのデトックスもほぼ期待できません。なぜなら汗はそのほとんどが水分で、不要物を排泄する力は尿、便、爪、髪の毛には大きく劣ります。特に髪や爪は、有害な金属を排泄するほどデトックス効果に優れています。

要するに汗でデトックスされる効果など、たかが知れているのです。

特に高齢者にとってはリスク大

高温の室内にいると、血圧が急上昇し、心拍数も増えます。動脈硬化や高血圧、心臓病などの循環器系の疾患をもつ人には、かなり危ない行為です。

さらにお酒を飲んだ後は、身体が脱水症状を起こしているため、血液がドロドロになり、さらにリスクは高まります。

汗でアルコールが抜けるなどということはありません。アルコールほほとんどは肝臓で分解されますので、汗で排出されるといってもごく僅かです。昔から言われていた「二日酔いにはサウナ」というのは、まったくもって逆効果な訳です。

常温のヨガで本来の効果を

上記で述べてきたいように、暑い室内で無理やり汗をかくということは、身体に負担をかけるばかりではなく、身体にとって必要はものまで失ってしまうので、あまり意味のあることではありません。

ヨガの本来の効果とは、呼吸を深くいれながら身体を動かすことで、自然な形で代謝を上げていけるという面があります。決して汗や温度に頼らず、自分の筋肉を使いながら自然に身体を整えます。

常温のヨガレッスンでやったことは、日常でも取り入れやすいので、覚えている範囲内で自宅でテレビを見ているときや、寝る前にも少し動いてみると良いでしょう。

暑い室内では、呼吸もどうしても浅くなります。それではヨガ本来の効果は引き出せません。ホットヨガのようなスッキリ感を味わいたい方は、常温のヨガレッスンの中で、パワーヨガ系(当スタジオでは美シェイプヨガ)を選択されると良いと思います。